超繁忙期の3月から4月に引っ越そうとしたら20万かかると言われたので…備忘録

2018年3月6日

単身での引越しを3月下旬に業者に頼んだら20万円かかるって言われましたw

さすがにその金額は出せないので、自力で引越をすることを決意しました。

この記事はその時の備忘録になります。

同時期に引っ越しを検討されてる方々へ、何かの参考になれば幸いです。

繁忙期の引っ越しは費用がかさむ

私わろっくは様々な諸事情により、

今年の3月下旬に神奈川へ引越することになったんですが、

アリさんマークや引越のサカイという大手の引越し業者に見積もりを依頼したところ、

「単身用のトラックが満車でファミリー用の大型トラックしか使えない」

「さらに人手不足」

という理由で、

「最低でも20万円からになりますね」

と言われ唖然。驚愕な数字に頭が真っ白に。

単身の引っ越しで20万円はさすがに出せませんw

以前、愛知から静岡に10月に引っ越ししたときは6万円前後で済んでました。

さすがにそれと比べると差がありすぎるので、自力で引っ越しをすることにしました。

 

引越し前にできるだけ荷物の数を減らしておく

引越し前の基本ですね。荷物の数を減らしておけばそれだけ引っ越しが楽になります。

私の場合、冷蔵庫の使用期間が5年経過していたため、この機会に処分することに。

粗大ごみとして出す場合はリサイクル券を購入するなどの費用が発生しますが、

まだ使えそうなものであればリサイクル業者に頼めば買い取ってもらうこともできそうです。

 

ダンボールに収まる荷物は宅配業者の日時指定を利用する

170サイズ以下のダンボールに収まる荷物は宅配業者を利用する。

ヤマトは一週間、ゆうパックは10日先まで荷物の日時指定が可能なので、それを利用して引っ越しの一週間ほど前に荷物を日時指定で発送する。

例えば、3月10日に引っ越し先に入居する場合は、3月3日頃に荷物を予め発送。その際、3月10日午後あたりの日時指定で発送しておけば、引越し当日に引越し先で荷物を受け取ることができる。

発送する荷物が多い時は、受け取りの日時を1~2日ずらし分割で発送すれば引越し先での受取りや荷解きも楽になるだろう。

 

ヤマトの単身引越サービスはリーズナブルだが・・・

ヤマトの単身パック(単身引越しサービス)が最安で12000円からで、繁忙期でも+5000円前後とかなり安い。

ヤマト単身引越サービス:http://www.008008.jp/moving/single/service/

早速見積もりを依頼したところ、3月下旬から4月上旬は集荷は可能でも受取ができなかった。

3月中の受取はすべて不可で、4月は1~8日まで受取が不可。

荷物の集荷ができても受取ができなければ意味がない。

日通にもクロネコと同じ「単身パック」というサービスがあったので、

早速連絡してみたところ、こちらも4月上旬の荷物受け取りはできないと言われた。

やはり単身用のトラックやドライバーの不足が深刻なようだ。

自分のスケジュールとは合わなかったため、単身パックでの引っ越しは諦めることにした。

 

大型の家電や家具はヤマトの家財宅急便で送る

単身サービスが使えないとなると、別の方法を探すしかない。

古い家電や家具はこの際全部リサイクルなどで処分するのもありだろう。

探してみたところ、大型の冷蔵庫や洗濯機などはヤマトの家財宅急便が使えそうだ。

http://www.008008.jp/transport/kazai/

うちの場合、冷蔵庫はもう5年は使ってるから処分して、引越し先で新しく買い替える。

5kgの洗濯機を静岡から神奈川まで発送する場合の料金は、税込みで7,398円だった。

家財宅急便の場合、単身サービスと違って集荷や受取は4月上旬でも可能だった。

よって、大型の家具や洗濯機はこれを利用して送ることにする。

 

 

続く…

日記

Posted by warock